CRA(臨床開発モニター)の求人

製薬会社求人サイト TOP >> 職種別で探す >> CRA(臨床開発モニター)の求人

CRA(臨床開発モニター)の求人

分業制が一般的にも示されているアメリカではCRAはよく知られていますが、日本ではまだまだ認知度が高くありません。よく混同されてしまうのですが、CRCとCRAの業務は違います。臨床開発モニターと呼ばれるCRAは、治験業務に関する製薬会社側のサポートをすることが主な業務となります。簡単に説明するとCRC=病院や患者さん側のサポート。CRA=製薬会社側のサポートということになります。

そのためCRAもCRCと同じような業務が重なる場合もあるのですが、細かい点で見ればまったく違います。CRAは治験が予定どおりに実施されているかどうかを確認したり、治験に関する費用や不測の事態に備えた賠償についての契約も執り行います。また、治験に違反がないかどうかをチェックし、治験薬の管理確認や報告書の回収なども業務に含まれます。

外資系の製薬会社でも募集されているので、英語のスキルが問われる場合もあります。CRCのように地元の病院を担当する仕事とは違って、CRAは治験の予定に合わせて全国に出張しなければならないところもあるので、転職を希望する企業について細かいところも確認しておきましょう。慣れてくると外部の研究機関に出向する場合もあります。

年収で考えるとCRAは500万円〜600万円が平均とされているので、CRCよりは高い傾向があるかもしれません。製薬会社で募集されているのか。治験実施受託企業で募集されているかにもよりますが、製薬会社が治験実施受託企業に委託していることも多いので、転職サイトへ問い合せてみて下さい。

CRCよりも求人の取り扱いが少ないところもありますが、同じように人手不足のためこれから増加すると言われています。CRCよりも難しく複雑なイメージばかりが目立ちますが、未経験者でも教育・研修制度が確立されているので問題ありません。ただ、CRAは直接患者さんと触れ合うようなことはないので、その点においてはサービス業などの接客が苦手な人に向いているのかもしれません。

業務内容が広がる分だけ覚えなければならない知識も多く、治験が実施されている間は残業することもあるのですが、フレックスタイム制度を採用して自分で予定のコントロールができるようになるので、女性でも比較的自由度のある職種に含まれるでしょう。すぐに成果が反映されるわけではないので新薬開発に貢献している気分を感じない人もいるかもしれませんが、治験が成功して新薬が販売されるようになれば多くの患者さんを救うことができるようになります。

人気の転職サイトで【臨床開発モニター】の求人を探そう

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 製薬会社求人サイトランキング【※効率的に求人を探したい方必見】 All Rights Reserved.