MR(営業・医薬情報担当者)の求人

製薬会社求人サイト TOP >> 職種別で探す >> MR(営業・医薬情報担当者)の求人

MR(営業・医薬情報担当者)の求人

他の業界からからMRへ転職する場合は、転職サイトに多くの求人が掲載されています。大手の企業になると平均年収も高く600万円〜800万円が相場だと言われているので、他の業種の営業に従事するよりは遥かに高い年収をもらうことができます。ただ、MRへの転職を躊躇する人の多くは「自分に営業ができるか不安」というものです。

確かに営業と事務や経理などの業務は異なります。営業と聞くとどうしてもノルマが大変なイメージがついて回るし、接待や出張が多く家に帰れないような雰囲気もあるのですが、それは転職先の企業によって違います。大手になれば大学病院や血液センターなどの規模の大きな医療機関を回るようになり、新規開拓で苦労しなければならないようなこともありません。

MRは企業によって勤務内容や勤務条件に差が現れるので、コンサルタントとよく相談してから選んで下さい。MRになるためには特別な資格は必要ないのですが、製薬会社に勤務を希望する場合はMR認定試験の合格を勧められることがあります。MR認定試験は疾病と治療・薬理学・薬剤学・医薬概論・PMS・添付文書の6科目の受験で、資格取得をサポートしている企業もあります。

もちろん資格を取得すればその分だけ手当に反映されるわけですが、必ずしも全ての企業で導入されているわけではありません。資格も大切ですが、それ以上に大切になってくるのは社会経験とコミュニケーションスキルで、医師への対応でほとんど決まる場合もあります。医師は外来勤務や病棟勤務を繰り返しているので、医師のスケジュールに合わせて面会し、営業することになります。

他の製品の営業とは違い医薬品の知識が問われることになるので、中途採用の場合はほとんど医療従事者や業界経験者だとも言われています。経験者であるの場合は知識的については既にクリアしているので、あとは上手く医師と話しができるようになれば信頼関係を築けるようになるでしょう。医師にもいろいろなタイプの人が存在しているので、そこは異業種から転職した方が余計な偏見や見方がない分だけスムーズなやり取りができる場合もあるかもしれません。

頑張れば頑張るだけ報酬は増えていくので、30代で年収1,000万円という人も実際に存在しています。外資系企業・ジェネリック薬品・大手製薬会社によって勤務条件に幅があり、更に医師によっては企業によって対応を変える人もいるので、どこの企業に転職するかで転職後の仕事が左右されます。医師への対応でも大手であればあるほど経費を使うことができたり、対象の病院に対する予算を確保することができます。

★【MR】の求人も豊富!オススメの転職サイト★

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 製薬会社求人サイトランキング【※効率的に求人を探したい方必見】 All Rights Reserved.