製薬会社の特許・知財の求人

製薬会社求人サイト TOP >> 職種別で探す >> 製薬会社の特許・知財の求人

製薬会社の特許・知財の求人

薬事申請の求人と重複する可能性はありますが、製薬会社や機械製造会社・医療機器会社などさまざまな業界の企業から法務担当として求人が募集されています。特に医薬品の特許申請は3種類存在していて、製造方法に対する特許・薬の効果に対する特許・薬の物質に対する特許などが認められていて申請からから20年間の有効期限が設けられています。

つまり20年間は独占業務のような権利が与えられるわけですが、期限が切れた医薬品についてはジェネリック薬品として開発できるようになるため、それらについても再度出願するようになります。現在さまざまなジェネリック薬品が開発されているので、特許出願や知財に関する法務には多くの求人が存在しているわけです。また、医薬以外にもスーパーやコンビニなどオリジナルブランドの開発に注目が集まっていて、幅広い分野での活躍が期待されています。

医薬品の法務に関しては製薬会社への転職となりますが、必ずしも資格を持っていなければならないというわけではありません。そのため理系大学の出身者と採用枠を争うことになるわけですが、医療従事者の場合は知識と経験は優遇されているケースが多いと言われています。なぜなら法務は書類上の業務になりますが担当者との質疑応答も多く、何よりも薬学の専門家である薬剤師が担っていると信用性が高まる傾向があります。

転職先としては製薬会社や特許出願を請け負っている事務所に所属することになるわけですが、著作権のライセンス取得業務・弁護士や弁理士との協議・調査や交渉に至るまで法律的な仕事内容になります。特許の出願は弁理士もしくは弁護士が行うようなイメージですが、誰が行っても差し支えありません。特許を取得したい本人が行えば良いので専門家でなくても良いのです。

ただ、医薬品の場合は薬の効果や効能・成分など専門知識が問われるため、薬剤師などの医療従事者が募集されているケースが多いわけです。特許が取得されていれば同じ薬品を開発することができないわけですから、まずは同じものであるかどうか判断するための薬学知識が求められるのです。

法務と聞いて難しそうなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、慣れてしまえばそれほど混乱するものではありません。転職サイトでは大手製薬会社からの求人が掲載されていますが、掲載されてもすぐに採用が決まってしまい掲載が取り消されてしまうので、利用者登録をして公開される前に紹介してもらった方が良いでしょう。

製薬会社の特許・知財の求人は下記サイトがおすすめ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 製薬会社求人サイトランキング【※効率的に求人を探したい方必見】 All Rights Reserved.