PMS(市販後調査)・ファ−マコビジランス(薬剤監視・安全管理)の求人

製薬会社求人サイト TOP >> 職種別で探す >> PMS(市販後調査)の求人

PMS(市販後調査)・ファ−マコビジランスの求人

企業によってはDI業務や学術業務と同じ部署である場合が多いのですが、PMS・ファーマコジランスは市販されている医薬品の調査・報告を行うのが主な業務です。新薬は実験や臨床試験を繰り返して安全性が確認されなければ市場で販売できません。すなわち販売されているということは、安全に服用できる医薬品であるという証です。

それでも尚安全性を確認しなければならないのは、服用によって起こる副作用の範囲や条件など予想外の事態に対応するためです。新薬を治験で試すことができるのはモニターの患者さんですが、実際にはどんな人が服用するかわかりません。年齢や体重・服用を控えたほうが良いケースが明記されてあったとしても、持病を持っている人や妊婦さんなど治験に参加していない人も存在しているのです。

世の中に100%はありません。限りなく安全な状態に近づけるためには、この市販後調査は欠かすことができないのです。治験段階ではわからなかった副作用や効果が現れることもあるので、製薬会社ではPMSの職種を配置しているのです。また、ファーマコジランスは医薬品の安全と予防に重点を置いているので、薬剤師免許を取得している人が募集されているケースもあります。

転職サイトでもファーマコジランスという職種はあまり聞き覚えがないかもしれませんが、医薬品の安全情報担当管理者という位置づけになっているので、集計解析データの解釈や医薬品安全性情報の収集など専門分野の仕事となります。

どちらも経験者を優遇して募集しているところが目立つのですが、未経験でも契約社員としてのスタートなら採用役が存在している場合もあります。医薬品は市販されて6ヶ月間安全に使用されているか。適正に使用されているか。情報提供して確認しなければなりません。これは法律によって定められているもので、5年毎に再評価を受けなければならないことになっています。

そのためにPMSやファーマコジランスはとても重要や役割を担っていて、知識や経験を思う存分発揮させることのできる仕事となるのです。第二新卒での募集も多く、それぞれの企業に担当するエリアなどが存在しているのも特徴です。資料作成業務もあるのでワード・エクセル・パワーポイントのパソコンスキルが問われたり、学術や営業経験が求められるところもあります。転職サイトではそれほど多く取り扱われていない場合もありますが、求人情報が入ったらすぐに連絡をもらうことができるので登録しておいて損はありません。

製薬会社の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 製薬会社求人サイトランキング【※効率的に求人を探したい方必見】 All Rights Reserved.