英語を活かせる求人

製薬会社求人サイト TOP >> 働き方で探す >> 英語を活かせる求人

英語を活かせる求人

製薬会社と英語は深い関連性がないようにも感じられますが、英語を活かせる職場は存在しています。普通に一般企業やサービス業・医療福祉などで働く場合は英語は必要ありません。国内での取り引きや顧客・患者さんが対象なら英語は必要性がないのです。仮に英語で書かれている文献を読む場合でも、実践的に英語を使うことはないでしょう。

では、国内で英語を活かした勤務したい場合はどうすれば良いと思いますか?英語を活かせる職場としていくつか候補に挙げられるのが、医療専門出版社・貿易会社・大手商社です。医療専門出版社で働く場合は、英語で書かれている論文を翻訳しなければなりません。そのために文章力が活かせることにプラスして英語力が問われることになります。

また、英語を話せなければ打ち合わせが進められなかったり、仕事を任せてもらえないことも考えられるので、製薬会社の一定の職種では英語は最低限のスキルである場合もあります。もちろん部署によって使用頻度も違えば必要になる単語も変わってきますが、他の業界へ転職するよりは英語を活かして働くことができるでしょう。

日本に長期滞在している外国人は日本語を話すことができますが、世界の言語の中でも最も難しいと言われている日本語は、不慣れな外国人に理解してもらうのが難しい場合もあるのです。日本人でも意味を間違えて伝達してしまうような言葉なので、相手が外国人であるなら尚更きちんと説明しなければなりません。日本語訳と英語訳を添付して説明書を渡すわけではないので、英語で話す方が親切というものです。

地方ではあまり英語を活かせる職場が存在していないのは事実ですが、転職サイトで英語を活かせる職場を検索してみると、他にもMR・CRA・薬事申請などさまざまなところで募集されている求人を見つけることができるはずです。外資系企業や海外勤務以外でも英語力は活かせるので、英語力に絞ってコンサルタントに探してもらうと良いでしょう。

公開されている求人情報の検索項目に含まれていない場合もありますが、フリーワード検索で英語を活かせる求人を抽出することができるので気になる求人に問い合せてみて下さい。国内なのでどのくらい英語が重要視されるのかは職場によって違います。ビジネスとして専門的な英語を使いたいのか、顧客や患者さんに説明する英会話レベルの英語に触れたいのかにもよりますが、希望する勤務条件をしっかり伝えておけば条件に合った職場を紹介してもらうことができます。

製薬会社の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 製薬会社求人サイトランキング【※効率的に求人を探したい方必見】 All Rights Reserved.